医学用語辞典 〜整形外科用語辞典〜

>>整形外科用語辞典トップ    >>運営者情報

慢性腰痛症・ぎっくり腰・坐骨神経痛

慢性腰痛症

慢性腰痛症は、椎間板ヘルニア等原因のわかっているもの以外の原因不明の腰痛の中で、痛みが慢性化するもののことである。

原因
Cause
肥満、過労、重労働等をきっかけに起こる。
症状
Symptoms
腰の鈍痛、不快感・でん部、下肢の痛み
治療
Treatment
まず安静にして、痛みには、抗炎症鎮痛剤を使う。骨盤牽引、温熱療法等も実施する。肥満解消や腰痛体操、腹筋、背筋の強化も効果がある。

ページのトップへ ▲

ぎっくり腰

ぎっくり腰(ぎっくりごし)とは、腰痛症のうち急性のものをさす。日常的に誰にでも起こりうるものであるが、特に足腰の弱い人に多く見られる。

原因
Cause
通常、不自然な姿勢で重いものを持ち上げようとしたときなどに起こる。くしゃみなどのはずみでぎっくり腰が起きることもある。
症状
Symptoms
腰を貫くような激痛・手足の痛み
痛みがひどい場合は、その場から動くことすらできなくなる。
治療
Treatment
姿勢を変えないように、まずは安静を保つ。湿布や消炎鎮痛剤、筋弛緩剤などを用いて痛みをやわらげる。日が経ち、痛みが治まってきたら、骨盤牽引、温熱治療、コルセットの使用などの治療法も考えられる。
ぎっくり腰を含め、腰痛症は日頃から予防することが大切である。肥満解消や、腰に負担をかけない程度の体操で腰、腹筋、背筋を強化することが有効である。

ページのトップへ ▲

坐骨神経痛

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは、坐骨神経(腰椎の中の腰髄から出て、下肢を伝って足の裏まで伸びている末梢神経)が何らかの原因で刺激され、痛むものである。

原因
Cause
坐骨神経痛の主な原因として考えられるのは、椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、脊椎カリエス、馬尾神経腫瘍など、脊椎関連の疾患である。
症状
Symptoms
坐骨神経痛の症状は、咳やくしゃみをするだけで起こる鋭い痛みである。痛む部位は、太ももの後ろからふくらはぎ、かかとまでである。
治療
Treatment
痛みを抑えるだけならば消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を使用する。坐骨神経痛の原因となっている病気を特定し、それを治療することで坐骨神経痛も消える。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典〜整形外科用語辞典〜 All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる