医学用語辞典 〜整形外科用語辞典〜

>>整形外科用語辞典トップ    >>運営者情報

頚部脊椎症・脊椎分離症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

変形性頚椎症(頚部脊椎症)

変形性頚椎症(頚部脊椎症)は、変形性脊椎症の一種で、椎間板が薄くなったり、椎体に突起物ができるものである。

原因
Cause
変形は老化が原因で、40代以上に多い。周囲組織に影響して、神経根を圧迫することがある。
症状
Symptoms
肩こり・後頭部の痛み・肩、腕の痛み・手足のしびれ、けいれん、歩行困難
治療
Treatment
筋弛緩剤、消炎鎮痛剤を使い、温熱療法、けん引等を実施する。手術の場合もある。

ページのトップへ ▲

脊椎分離症・脊椎すべり症

脊椎分離症は、脊椎を構成する椎体と椎弓が分離して起こる。脊椎すべり症は、脊椎分離の進行で、上の椎体が下方前部にずれるものである。

原因
Cause
先天的な原因と、形成不全、骨折等、後天的な原因があると言われる。スポーツが要因となることがあり、若年層の腰痛の原因となっている。
症状
Symptoms
腰痛・下肢痛
治療
Treatment
消炎鎮痛剤やコルセットを使う。手術をする場合もある。

ページのトップへ ▲

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、背骨の軟骨組織である椎間板の繊維輪に亀裂が生じる等して、脊髄、神経根を圧迫、障害を起こすものである。

原因
Cause
組織の老化や強い衝撃が原因となる。
腰椎椎間板ヘルニア・・・腰髄の神経根が髄核に押されるために起こる。
頚椎椎間板ヘルニア・・・頚椎の椎間板の神経根が押されて起こる。
症状
Symptoms
腰椎…腰から足までのしびれ、痛み、脱力感、筋力低下、知覚障害
頚椎…肩から腕にしびれ、脱力感、首の痛み、歩行障害(痙性麻痺)
治療
Treatment
消炎鎮痛剤、筋弛緩剤を使い、安静にする。温熱療法、けん引、腰痛体操を行う。神経根ブロック等をしたり、手術をすることもある。

ページのトップへ ▲

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、脊柱内部の管が狭くなり、神経が圧迫されて起こる。

原因
Cause
老化による椎体変性、椎間板ヘルニア等で脊柱管が狭くなる。中年以上の肥満男性に多発する。
症状
Symptoms
間欠(性)歩行…歩行で痛み、歩行障害
治療
Treatment
血流改善剤、消炎鎮痛剤、コルセットを使う。腰痛運動も必要である。手術の場合もある。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典〜整形外科用語辞典〜 All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる