医学用語辞典 〜整形外科用語辞典〜

>>整形外科用語辞典トップ    >>運営者情報

異所性骨化・頚椎後縦靭帯骨化症・腱鞘炎・化膿性関節炎

異所性骨化

異所性骨化は、関節周囲の軟らかい組織内に骨ができるものである。

原因
Cause
原因は不明である。麻痺患者に多く、麻痺部分の大関節周囲に多発する。
症状
Symptoms
痛み・腫張
治療
Treatment
予防のために、専門の薬剤が麻痺患者に投与される。摘出手術をすることもある。

ページのトップへ ▲

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎後縦靭帯骨化症は、頚椎の後縦靭帯が硬く骨化して肥厚し、神経根等を圧迫して障害を起こすものである。

症状
Symptoms
腕、足に痛み、しびれ、脱力感・歩行障害・排尿排便障害
治療
Treatment
初期には頚椎カラーで安静にする。消炎鎮痛剤、筋弛緩剤の使用、温熱療法等を行う。手術の場合もある。

ページのトップへ ▲

腱鞘炎

腱鞘炎は、手足をスムーズに動かす役割の腱鞘と腱に炎症が起きるものである。

原因
Cause
原因は、関節の使いすぎ、外傷、リウマチ等である。手首、足首、指によく起こる。
症状
Symptoms
腱、腱鞘の痛み・関節運動の制限
治療
Treatment
固定して安静にする。消炎鎮痛剤や副腎皮質ホルモン剤を使用し、温熱療法を実施する。手術の場合もある。

ページのトップへ ▲

化膿性関節炎

化膿性関節炎は、化膿菌の感染で、関節が化膿するものである。

原因
Cause
感染原因は、外傷や敗血症等の菌、近辺の化膿性炎症の膿等である。ブドウ球菌、連鎖球菌等が感染する。
症状
Symptoms
関節の腫れ、激痛、熱、赤化・全身の発熱・関節機能喪失
治療
Treatment
抗生物質の投与をする。切開手術で、洗浄する場合もある。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典〜整形外科用語辞典〜 All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる