医学用語辞典 〜整形外科用語辞典〜

>>整形外科用語辞典トップ    >>運営者情報

挫傷・挫創・捻挫・脱臼・骨折・つき指

挫傷(打撲傷)・挫創(すり傷・切り傷)

挫傷は、外部の強い打撃でできる傷で、皮膚が破れないものである。皮膚に傷が開くのが挫創である。

原因
Cause
事故や、台所仕事、転んだり、ぶつかったり等、日常生活中の外部の打撃が原因となる。
症状
Symptoms
・挫傷…痛み、皮下出血、炎症、発熱、内臓損傷、瘤
・挫創…出血、痛み、血行障害、感染症
治療
Treatment
傷の洗浄、消毒をして、消炎鎮痛剤等を使う。手術の場合もある。

ページのトップへ ▲

捻挫

捻挫は、関節がはずれかかり、元に戻るもので、これにより関節包、靭帯、腱が損傷を受ける。

原因
Cause
足首や膝等の関節に、足をひねる等して、大きな力が加わることで起きる。
症状
Symptoms
関節の痛みと腫れ・関節部分の内出血
治療
Treatment
消炎鎮痛剤の使用、温熱療法をし、ギプス、サポーターで固定する。手術の場合もある。

ページのトップへ ▲

脱臼

脱臼は、関節がはずれ、関節包、靭帯まで損傷するものである。

原因
Cause
外傷性脱臼…関節に外部から大きな力がかかることで起きる。股関節、あご等に多い。
先天性脱臼…股関節に多い先天的な脱臼である。
症状
Symptoms
痛み、腫れ・運動障害・関節の変形
治療
Treatment
関節の整復をし、装具で固定して、リハビリを実施する。手術を要する場合もある。

ページのトップへ ▲

骨折

骨折は、骨が折れて、痛みや出血をともなうものである。

原因
Cause
外傷、疲労、骨腫瘍等の疾患、スポーツ等が原因となる。閉鎖性骨折と、皮膚の開く開放性骨折があり、後者は感染の危険がある。高齢者は、骨粗しょう症のため、脊髄圧迫骨折を起こしやすい。
症状
Symptoms
痛み、出血・神経の損傷・麻痺・出血状態
治療
Treatment
安静にして、けん引等で骨の整復をし、ギプス固定する。開放性の場合は、感染の予防措置を要する。手術の場合も多い。リハビリ等理学療法も重要である。

ページのトップへ ▲

つき指

つき指は、指先に強い力が加わり、腱が損傷を受けるものである。

原因
Cause
バレーボール等、スポーツや、日常生活の中で、指先を強く突いてしまうことで起こる。腱が切れたり、剥離骨折を起こすこともある。
症状
Symptoms
痛み、変形
治療
Treatment
まず第一に冷やす。添え木(副木)あてて固定する。指を引っ張るのは厳禁である。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典〜整形外科用語辞典〜 All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる